トラジャコーヒーとは?特徴・種類をコーヒー屋が解説!


「トラジャコーヒーってどんなコーヒーなの?」「トラジャコーヒーの種類を知りたい!」そういったコーヒー好きの方も多いのではないでしょうか?


今回は、トラジャコーヒーについて詳しく説明していきます。トラジャコーヒーの特徴や種類について知って、コーヒー豆を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。


はじめまして。
自家焙煎専門店 吉備のしずくのオーナーをしている37歳のノブです。
完全なコーヒー素人だった私が、コーヒー焙煎歴50年以上のプロに1から教えてもらって美味し焙煎の仕方、豆の知識、コーヒーのいれかたなどなど多くのことを教えてもらったことを余すことなく書いていきます。
あなたのホット一息つける場所でおいしいコーヒーを楽しめるお手伝いができればうれしいです。


トラジャコーヒーの特徴・種類を解説


トラジャコーヒーは、軽やかな酸味と強めの苦味、そして気品あふれるコクが特徴です。香りはスモーキーで、苦味・コクと相まって上品な味わいが楽しめます。


トラジャコーヒーの生産

トラジャコーヒーは、インドネシアのスラウェシ島で生産されるコーヒーの銘柄です。スラウェシ島のタナ・トラジャ地方で栽培されています。


タナ・トラジャ地方には大規模な農園がなく、小規模農園がそれぞれ人の手で摘み取っています。コーヒーの栽培に適した環境で、人のてで丁寧に生産される上質なコーヒーです。


トラジャコーヒーの歴史

トラジャコーヒーは、17世紀に栽培が始まって以来、オランダ王室御用達のコーヒーでした。しかし、第二次世界大戦が始まると農場は荒れ果て、トラジャコーヒーの生産ができなくなってしまったのです。


それから時は流れ、1970年にの本のキーコーヒーが荒れた農地を整備し、トラジャコーヒーを復活へと導きました。こういった経緯から、トラジャコーヒーは「幻のコーヒー」とも呼ばれています。


トラジャコーヒーの種類

トラジャコーヒーには、トラジャ地方で作られるものの他に、「カロシ・トラジャ」という銘柄があります。「カロシ・トラジャ」はカロシ地区で生産される銘柄で、単に「カロシ」と呼ばれることもあります。


マイルドな苦味と深いコクがあり、ほんのりと甘味も感じられるコーヒーです。


キーコーヒー「トアルコトラジャ」とは?

トラジャを復活へと導いたキーコーヒーでは、「トアルコ トラジャ」としてトラジャコーヒーが販売されています。


インドネシアの自然を大切に、トラジャを生産する人々の生活を豊かにしようと事業を勧めています。また、地元政府とも連携して「トアルコ トラジャ」の品質向上に取り組んでいます。


トラジャコーヒーおすすめの飲み方

最後に、トラジャコーヒーのおすすめの飲み方を紹介します。


フレンチプレスでコクを出す


深いコクが特徴のトラジャコーヒーは、フレンチプレスで淹れるとコクをより一層楽しめます。フレンチプレスで抽出されるコーヒーオイルとは、口当たりがなめらかになります。


アイスコーヒーで苦味を楽しむ


トラジャコーヒーはアイスコーヒーにするのもおすすめです。抽出したコーヒーを氷でキリッと締めれば、トラジャコーヒーの心地よい苦味を楽しむことができます。


まとめ:トラジャコーヒーを味わってみよう!

今回は、トラジャコーヒーについて詳しく説明しました。トラジャコーヒーの特徴や種類について知って、コーヒー豆を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。


トーアコーヒー商会で色々なブレンドや種類を扱っております。

ご興味のある方は、以下のショップを覗いてみてください。


https://www.specialty-coffee-shop.com/